動物介護事業

『命に寄り添い、決して一人にしない』
介護は長距離走であり、一緒に並走してくれるパートナーが必要です。

ビースカイは、悩んでいる飼い主様を一人でも多くサポートしていきたいと考えています。
動物介護でお悩みではありませんか? ペットとどのように向き合っていけばいいのか、迷っていませんか?
ビースカイにご相談ください。

あなたのパートナーとして、最善の未来を目指します。

動物在宅介護課

『命に寄り添い、決して一人にしない』

介護には時間・労力・費用がかかります。
何かが1つ足りないならば、それを残りの2つで補えばいいですが、そんな簡単な話ではありません。

幼少期のお世話も大変ですが、日に日にいろんなことができるようになっていく楽しみや嬉しさがあります。しかし、高齢期の介護はその逆で、日に日にいろんなことができなくなっていきます。
最初はよくても、いつか必ず心が折れます。

そうなる前にご相談してください。決して飼い主様を一人にしません。
介護は長距離走であり、一緒に並走してくれるパートナーが必要です。
大切な子の最期の時間を心をなくして過ごしてしまわないように、全力でサポートします。

「緩和ケア」について

動物は私たちに自ら苦痛を訴えることも、
医療を選ぶこともできません。

獣医療が日々進歩している中で、治療を追いかけることだけが正しいと考えてしまいがちです。
しかし、本当にそれが全てなのかと疑問を持たれている方も多くいらっしゃいます。最期のときを、自宅でゆっくり過ごさせてあげたいという気持ちはご家族ならどなたでも持っていておかしくない感情です。

しっかりと自分の心と向き合うこともまた、選択肢の一つです。
その選択肢こそが、緩和ケアです。

緩和ケアでは、ペットが住み慣れた環境で穏やかに過ごせるよう配慮し診療をいたします。

ペットの緩和ケアでは、病気に伴ったさまざまな苦痛(吐き気や痛みなど)を可能な限り軽減することで、その子らしく生涯を全うできることを目指します。
痛みには痛み止め、吐き気には吐き気止め、脱水には皮下点滴による水和状態の保持など、それぞれにあった診療プランをご家族と一緒に考えていきます。

「ターミナルケア」について

私たちの考えるターミナルケアは、緩和ケアでの状態から大きく下がってしまい、最期の瞬間までのカウントダウンが始まったころを言います。

ターミナルケアにおける最大の目的は、ペットが苦しむことなく最期の瞬間を飼い主様と一緒に迎え、そして飼い主様が暖かい気持ちでペットとお別れできるようにサポートすることです。

正直な話、いつその瞬間が来るのかはわかりません。

ですが、その瞬間が近いという認識を飼い主様にお伝えし、心の準備をしていただき、暖かい気持ちでその日を迎えてもらえるように誠意を持ってサポートしていきます。

緩和ケア部門

最後までその子らしく〜高齢ペットに優しい医療を〜

ペットの緩和ケアでは、病気に伴ったさまざまな苦痛(吐き気や痛みなど)を可能な限り軽減することで、その子らしく生涯を全うできることを目指します。

痛みには痛み止め、吐き気には吐き気止め、脱水には皮下点滴による水和状態の保持など、それぞれにあった診療プランをご家族様と一緒に考えていきます。

近年、獣医療やペットの生活環境、食事環境などが著しい進化を遂げているため、15歳以上までに長生きできるようになってきました。

獣医療の発展により、最期の最期まで入院管理下で集中治療を行うことだけが正しいと考えられがちですが、その一方で最期の時間を病院ではなくご自宅でご家族様と共に迎えたいという考えがあることも事実です。

ご家族様一つ一つにそれぞれの絆のかたちがあります。ペットは家族の一員です。
ご家族様が望まれる本来のありかたについて、今一度ご検討ください。ペットとご家族様に最適な診察プランを一緒に考案させていただきます。

ペットとご家族様の絆を大切にし、一緒に病気と向き合っていきましょう。

   

訪問介護部門

その子らしく時間を一緒に過ごす

加齢に伴い、寝たきりや通院、治療、投薬、排泄、食事介助が必要となってきます。

「我が子のことは自分が」と思い、飼い主様一人で奮闘される方は多いです。

けれども、いくら心の準備をしても、「しっかりやりたい」という気持ちとは裏腹に肉体的にも心的にも余裕を失いがちになります。一人で頑張りすぎてしまうと力の抜きどころが分からず介護疲れを招き、飼主様にとってもペットにとっても悪循環です。

そんな飼い主様に少しでもお力になればと思い、“訪問介護”サポートを行なっております。

往診とは別に介護、看護サポートを併用することで、飼い主様とペットの心のゆとり、生活を快適に過ごせるよう努めています。

事例1:とらのすけくん 21歳 男の子

持病 目が見えない、発作、腎不全
ご要望 発作の影響で目が見えず、家具の間やクッションの隙間にはまってしまうことがあります。お皿の場所もわからないので、不在時の様子と食事を介助してほしい。
感想 以前は心配で数時間毎に携帯から自宅カメラで確認していました。現在は、安心して仕事に打ち込むことができます。

事例2:カルビちゃん 18歳 女の子

持病 腎不全、脱水、吐き
ご要望 腎不全の影響で脱水と吐きが続き、薬を入れた皮下点滴を毎日行なっています。一人では難しいので手伝ってほしい。
感想 点滴中はどうしても、もぞもぞしていまい一人では大変困難でした。けれど、きていただくことで短時間で終えることができました。また、苦戦していた投薬もしていただくことで、負担も減り安心して外出できます。

 

施設ケア部門

人と愛犬の明るい共生をサポート

人と犬の老々生活、またはどちらかの高齢化により心身共に疲弊してはいませんか?

そんな人と愛犬の共生社会にいつも通りの日常、またはそれ以上の日常を送ってもらうための施設運営をしていきます。

施設は送迎型の犬のデイケア施設。
朝お迎えにあがり施設でゆったり過ごしていただいた後、夜に再びご自宅へ送り届けます。

動物看護師や介護士の日常的な健康管理・サポートはもちろん、獣医師による健康診断や鍼灸や動物看護福祉師による機能回復訓練など充実したコンテンツ内容で人と愛犬をフルサポートいたします。

また地域の包括ケアに根差している為、飼主様自身が地域サポートを受けながら愛犬のケアが可能となっております。

今後の予定

全国の地域包括ケアとのペット関連ネットワークを構築し高齢ペット向け施設を全国展開。
来るべき高齢社会に備え、高齢ペットのポータル的存在となっていきます。

     
メディア情報   NEWS   求人情報
ページ
最上部